【乗船記】屋久島~鹿児島間を高速船トッピーで楽々移動!

あまり時間にしばられず、早く移動が出来て、尚且つ飛行機ほど高くなく移動が出来る高速船トッピー&ロケット。
今回は宮之浦港(屋久島)から鹿児島を高速船に乗って移動したので、感想を書きます!

やっぱり楽ちんで早いです。

スポンサーリンク

まずは乗船手続きへ

受付は3つに分かれていて、《乗船手続き》《座席指定窓口》×2があります。

今回急遽帰りの手段としてトッピーを選んだ為、予約しておらず、まずは空席を窓口に確認。
行ったのは6月の平日だったのでガラガラだったようで、その場で手続きを取って下さいました!

1階希望か2階希望か聞かれるので、好きな方を答えます。
今回は1階にしました。
基本的に窓側で、真隣に人がいるなど無いようゆとりを持った座席配置にしてくれます。(混雑期は別です)
ここで支払いをして、QRコードのついた搭乗券を貰います。

あとはアナウンスがかかるまで待合室で待機です。

乗船まで時間があった為、待合室にある売店でお土産選び♪
朝食も食べていなかったので、自分のお土産とパンを購入。
待合室にはジュースの自販機もあるので、コーヒーも買って。
朝食食べながら待つことに。

アナウンスがかかり、乗船です

一斉にぞろぞろと人が動き出します。
キャリーをひいて列に並びます。

入口に係員さんが両側に並んでおり、二列にわかれてすすみます。
ここで先程の搭乗券を見せて、QRコードを読み取ってもらいます。

キャリーは入って右側に荷物置き場があるのでそこに置きます。

座席へ

座席はひじ掛けのついた広々とした座席となっています。

1階の先頭部分

スポンサーリンク

最前列は特別シートになっていて、+1000円で広い座席に座ることが出来ます。


庶民なので普通席で十分!

座っている間はシートベルト必須となります。
出発前に係の方がチェックしています。
走り出して安定したらトイレなども自由ですが、座席に戻ったら基本的にシートベルトです。
飛行機と一緒。

あと、港に着いてからタクシーにすぐ乗れるように船内で予約が出来ます
係の人が座席をまわってきて手上げると紙をくれて、港に到着するとタクシーの方が待っている形。
降りた後タクシー利用したい方はこの時に予約した方がいいと思います。

出発

トッピーはジェットフォイルで、海面を浮きながら走行します。
実際乗っている感覚としては、浮いている感じはあまりありません。

船には弱く、船酔いするタイプですが、トッピーで酔ったことはないです。
たまたま海況がいいだけかもしれませんが。
心配な人は酔い止めを飲みましょう。

たまに波の状況によってはジャンプしたりはあります!
怖いっていうより楽しいレベルですが、人によっては怖いかもしれません。

テレビがあって、テレビはずっとついています。
音声も普通に流れています。

ニュース番組だったり。
今回は高校野球がやっていました。

高速船は約2時間で鹿児島まで着きます。
早い!!
あっという間に屋久島が遠くなっていく~。

到着

定刻通りに着岸。
アナウンスが流れ、キャリーを荷物置き場から引き揚げて準備が出来た人から降りていきます。

まとめ

行きがフェリーはいびすかすだったので、快適さが…(笑)
やっぱり高速船は早いし、快適です。
2018年7月1日から値上がりもして、値段的には安いとは言えません。
でも値段に見合うだけのメリットがあります。
フェリーは1日1便で時間に融通が利きません。
トッピーは季節によって時刻は変わりますが、1日に何便も出ています。
飛行機ほど値段は出せないけど、当日中に鹿児島~屋久島を早く移動したい方におすすめです。

シートベルトをしているので、行動に制限がありますが、2時間なので本を読んだり、スマホをいじっているとあっという間です。
ちなみに私はいつも寝てしまってあっという間です(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする