1900円で名古屋から大阪をJRバスで移動!格安バスをレポート!

JRが運行する高速バスの『名神ハイウェイバス』。
名古屋-大阪、名古屋-京都、名古屋-三宮などの区間を走っているバスです。
今回は名古屋から大阪間をJRバス『名神ハイウェイバス』で移動したのでレポートします!

今回このJRバスを選んだ理由は、ズバリ!名阪移動で一番安かった!からです。

最初は高速バスの存在を忘れていて。
新幹線は高いし、鈍行でゆっくり行こうかなーなんて思っていたんです。

そしてひらめく!

「あ…高速バスがあるかも!調べてみよう!」と。

さくさくっと乗換案内で検索!
やっぱり高速バスが一番安かったです。

名古屋から大阪間、料金を比べてみる

最終目的地が難波だったので、名古屋駅から難波までの料金を比較してみます。

新幹線(のぞみ)
約1時間15分
7040円

新幹線(ひかり)
約1時間15分
6830円

特急(アーバンライナー)
約2時間30分
4260円

鈍行(JR経由)
約3時間
3580円

鈍行(近鉄経由)
約4時間
2360円

勿論移動時間が短くなれば、料金は高くなります。
当たり前ですけどね…

ところが、JRバスだと、
3時間24分
1900円!

時間はかかりますが、何より一番安い!
でも乗り換えなしで一本で難波まで行けて必ず座れる魅力!

私は、前日に高速バスの存在を思い出し、予約をしたので、【早売1】の料金1900円が適用されています。
安い時には1500円から購入することが出来ます。
ですが、値の幅が広く、3000円になる事もあるので、乗りたい時間のバスの値段には注意して見てくださいね。

いざ乗車です!

今回、私が乗ったのは
12:00名古屋駅(新幹線口)から15:24JRなんば(湊町バスターミナル)
の時刻のバスです。

出発場所は、ビックカメラがある新幹線口のバスターミナル。

出発が12時なので10分前には着いておきましょう!

乗り場は3番のバス停。
JRハイウェイバスの建物向かって右手にあります。

もし早く着いた場合はこのJRハイウェイバスの建物内が待合スペースになっていて椅子も置いてあるので、ここで待つことも出来ます。

バスの外観はこんな感じです。
青と白のバスでツバメの絵。

大きくハイウェイバスと書いてあります。

スポンサーリンク

座席は4列でゆったり作られた『4列ワイドシート』
ひじ掛けもあり。

コンセントも窓側・通路側、各座席についてます!

オフィシャルによるとシート間隔は約80cmで、最大リクライニングは130度とのこと。
寒ければブランケットもあり。
そして化粧室も完備!
フットレストこそ無いものの、ゆったりとくつろぐことが出来ます。

バスは定刻通り出発!

途中、滋賀県にある忍者押しの「甲南パーキングエリア」で10分間の休憩。
トイレに行ったり飲み物買ったりしました。

そして定刻通り到着!

予約

予約はネットからとることが出来、クレジットカード払いとコンビニ払いが可能です。
高速バスネット会員になり、クレジットカード払いをするとWEB乗車票をスマホの画面から見せるだけで大丈夫です。

高速バスネットの会員登録をしなくても購入可能です。
その場合は印刷が必要になります。
コンビニ払いだとレジで乗車券を頂けるので、それを持参します。

私は出先で高速バスの存在を思い出したので、高速バスネットのログインが出来ず、会員登録なしで購入しました。
でも、乗車票をコンビニで印刷するだけ♪
一番はスマホでWEB乗車票表示できるのが一番楽だと思います。
無くさないですし。

あとは窓口でも買えるので、もし名古屋駅近くに居たら、窓口で購入されてもいいかと思います。

まとめ

バスの良いところは乗り換えなしで行ける事ですね。
名古屋駅から難波に行こうとすると、新幹線なら新大阪で乗り換えとか、どうしても乗り換えが必要になってきます。
ですが、高速バス移動なら名古屋駅から乗ったら、キャリーなど大きい荷物を持って移動することなく座っているだけで大阪に到着します。
キャリー持って乗り換えしたりって結構大変なんですよね。
ただ、時間はかかってしまうので、時間があって楽に安く移動したい方にはおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする