【体験記】 WILLERの昼バスに乗って横浜から名古屋へ行ってきた!

名古屋には新幹線、バス、飛行機(…は東京からだとあまり使わないか)色々アクセス方法はありますが、今回久しぶりに4列昼バスで行って来たので感想を書いてみます。

名古屋には行くことが多くその度に交通機関に悩むのですが…
昼バスもたまに使っていましたが、4列だけは避けてたんです。

スポンサーリンク

横浜の方が東京よりも便利なので基本は横浜から乗りますが、どうしても隣に知らない人がいるっていう状況が嫌で、今までは4列ってだけで選択肢から外していました。
今回調べたら東京からなら3列出てることは出てるけど、ちょっとお値段はる様子。これならちょっと足して新幹線乗りたいなぁと思ってしまったので。

今回は時間は金額重視で昼バスにしました。

今回乗ったのは
横浜【YCAT】(9:10)ー名古屋駅【則武1丁目】(14:40)

ウィラートラベルの4列リラックス

YCATの二階。
カウンター前に看板があり、ウィラーをご利用の方は6番乗り場へ、とのこと。
カウンター前を通り抜け、一度バス乗り場ま出て奥の6番乗り場へ。
目の前に待合室があり、椅子はもちろん、飲み物の自動販売機、トイレもありました。
定刻少し前にバス入線。
名前を確認後、キャリーがあったので荷物入れ前に置くように指示。
まとめて乗務員さんが入れて下さいました。

ウィラー4列リラックス、バス内レポ

出発後すぐにモニターが天井から降りてきて注意事項などアナウンス。
日本語も英語も韓国語も。

リラックスシートはピンクのシートで、顔が隠せるカノピーというフードが座席に取り付けられています。
自由に開閉が可能。
これが結構便利で眠くなったらすぐおろしてアイマスク代わり♪
おろしていても手元は見える為、通路挟んで隣の方が目隠ししながら携帯をいじってましたが、ちょっと異様な光景でした笑
寝てる人以外みんなあまり使っていませんでした。
まぁ昼ですからね。

シート幅は適度にあり、窮屈に感じることなく。
調べたところ座面44センチあるそうです。
男性もきつそうな感じなく座られてました。

コンセントもあり。
窓側は窓の下、足元に。
通路側は、通路側のひじ掛けの下に。
足や腕に当たらないところに設定してあって嬉しい。

レッグレストとフットレストもありました。
レッグレストは長時間の移動には欠かせない!
あるか無いかで快適さが違うんです。
レッグレストは常にあげておきました。

混んでいたのでリクライニングは使用していませんが、使われる方は後ろの方に一声かければ大丈夫です。
最大140度まで倒れるそうです。

二席の間、ひじ掛け部分にそれぞれドリンクホルダーがあり、ドリンクがおけるようになっていたり。
前座席の背面にフックがあるので手荷物はそこにかけてました。

座席のクッションは全体的にかため?
ふかふかというより低反発のような感じ。
座っていて疲れない硬さでした。

休憩は海老名と掛川。
ともに30分近く休憩がありゆっくり休めました。
戻り時間はアナウンスして頂けますが、聞き逃した・時間を確認したいなどでもフロントガラス前に時間を大きく掲示してくれています。

スポンサーリンク

基本休憩は指定の場所ですが、気分が悪いどうしてもお手洗いに行きたいなどありましたら乗務員にお知らせくださいとアナウンスがありました。

車内の温度は一定の温度(26℃だったかな?忘れちゃった)に設定されているそうで、上着や網棚上のブランケットで温度調節をとのこと。
コートの季節なので、足にコートかけている位でブランケットは特別かけなくても大丈夫でした。
上はヒートテックにセーターと冬の恰好でしたが、暑くもなく寒くもなく。
あまり薄着過ぎると窓側だとちょっと寒いかも?
普通にこの時期に出かける格好でOKです。

そして時間も定刻通りにつきました。

ウィラー昼バスの魅力は?

なんといっても魅力は安さ
金額は3700円でした。

新幹線だと新横浜から10240円。
ぷらっとこだまが8100円。

往復したとしても7400円。
往復の料金で新幹線の片道にすらならないんです。

帰りも昼バスで帰り、17:10名古屋発のリラックスシートで帰ったのですが、なんとセールで2000円!!
なので今回は往復5700円。
安っ。

しかも空いていて一人で座らせてくれました。
こういう配慮嬉しいです。
異性とは隣同士では座らせないとか。
ぎゅうぎゅうに詰めさせるんではなく、空いているならなるべく一人で座らせようとか。
ガラガラなのに詰める会社さんもありますからね。

帰りの休憩は浜松、足柄。

うーんちょっと残念なぁと思ったこと
基本的にバスに関してはないです!!

ただどうしても、4列なので隣の人に左右されるんですね。

特に休憩問題。
自分が降りなくていいやって思ってても降りざるを得ない。
ゆっくり寝てられない。
今回行きは通路側だったのですが、降りるかもと思うとゆっくり寝ることが出来ず。
通路側の宿命ですね。しょうがない。
隣の方は、急いでたのかもしれませんがせっかちな方だったので、降りる時も早く降りなきゃ感があり、気は使いました。

まとめ

金額重視なら昼バスおすすめ
4列でも今回乗ったリラックスシートならそこまで苦じゃないです!
むしろこの快適さでこの値段で行けるならほんとうにおすすめ。

ただし隣の人次第っていうのは大いにあります!笑
帰りは快適そのものでした。

乗車時間が6時間30分。
なかなかの時間ですね。

時間はかかりますが、こんなに安く快適に行けるなら気軽に旅に出れますね。
またウィラーの昼バスで名古屋いこーっと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする